結納にはどれぐらいのお金がかかるのか

一般的に、男性側は結納金として70万円から100万円程度を女性側に贈ります。
婚約記念品には30万円から50万円程度の指輪を贈ることが多いです。
女性側は結納金を贈る必要はありません。
ただ、結納返しや婚約記念品は贈ります。
これらの金額はあくまでも目安です。
どれだけの費用をかけるかはよく相談して決めるようにしましょう。
また、結納は昔はどちらかの自宅で行われていました。
しかし、今では住宅事情が大きく変化したこともあり、自宅で行うことはかなり少なくなっています。
現在、結納はレストランや料亭などで行われることが多いです。
しかし、結婚式場やホテルでも結納式はできます。
むしろ、結婚式場やホテルの方がやりやすいでしょう。
結納パックなどのサービスを提供しているからです。
全て任せることができるので、負担を減らすことができます。
ただし、会場によって結納パックの内容は多少異なるので、事前にきちんと確認しておきましょう。